コンサルティングサービスへの補助金の適用

 中小企業支援制度に専門家派遣事業が数多くあります。その予算は国、地方自治体(県、市)、経済団体(商工会議所、商工会)が提供します。各制度には、専門家派遣に回数や依頼者の負担有無の制約がありますが、経済的負担を軽減するためには有効な手段です。当代表が専門家登録している支援制度の概要を4つ紹介致します。

国の補助金

  • 中小企業庁 専門家派遣事業 通称ミラサポ

リンク先HP

 利用するには登録が必要です。地域プラットフォーム(金融機関等が参加)やよろず支援拠点(千葉県では千葉県産業振興センターが受託)からの専門家紹介を経由して支援を受けます。年三回まで利用でき負担は有りません。

自治体の補助金

  • 千葉県 千葉県産業振興センター 専門家派遣事業

リンク先HP

 利用するには申請が必要です。一日あたり14000円の負担(1/3)があります。 最大15日まで等の制限があります。

  • 千葉県 千葉県産業振興センター フロンティア企業支援事業

リンク先HP

 事業可能性評価にて適格評価があります。一日あたり5250円の負担(1/8)があります。最大20日まで等の制限があります。

  • 千葉市 千葉市産業振興財団 専門家派遣事業

リンク先HP

 利用するには申請が必要です。一日あたり10000円の負担(1/2)があります。最大15日まで等の制限があります。

経済団体の補助金

  • 千葉県商工会連合会 専門家派遣(エキスパートバンク制度)

リンク先HP

 各地域の商工会(商工会議所ではありません)会員への支援です。利用するには申請が必要です。初回は無料 2回目以降は10000円程度の負担があります。

補助金の活用法

 上記補助金制度を組み合わせることが可能です。例えば、以下の様な活用があります。

国の補助金を活用して企画書作成を短期集中で行い、県の補助金で企画書の施策の詳細計画を立て、実行のレビューや見直しを長期で行います。このような組み合わせにより月2回12ヶ月の活動に対する依頼者負担は全体30%程度となる可能性があります。補助金の活用法に関してもお問い合わせ下さい。

 

設備投資を伴う場合の補助金の適用

 国の補助金である「ものづくり・商業・サービス革新補助金」では設備投資を伴うプロジェクトに最大1000万円の経費補助が行われます。その他経費として専門家支援があり、このプロジェク関連で経費補助が最大2/3まで認められます。補助金申請では事業面技術面制度面での詳細な計画立案が必要です。審査があり40%前後が採択されています。年に数回募集があります。申請募集期間は短いので申請準備が必要ですが大型補助ですので魅力があります。申請書作成も必要に応じて支援いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。